五浦大介~僕が本に教えてもらったこと~

「あなたの本棚に+1冊」面白い本、元気になれる本。気ままに紹介していきます。 twitter/@ray_second

【自分探しの本】十二人の死にたい子どもたち 沖方丁

十二人の死にたい子供たち。なんとも酷いタイトルと、白い背景に時計が描かれた装丁が、命の残り時間を示してるようで、目を惹いた。 ―――十二人の死にたいという願望をもつ子どもたち 廃業した病院にやってくる、十二人の子供達は、自殺志願者を募った「自殺…

【勇気がもらえる本】世界が記憶であふれる前に岡本貴也

特殊能力・・・どんなものがあるだろう。中居正広がサヴァン症候群を演じた「ATARU」。戸田恵梨香が死者を呼び出せる能力を持った「SPEC」。 すこし系統が違うけど、マジシャンやメンタリストが壮大なイリュージョンを魅せた「グランドイリュージョン」が思…

日本で新しく生まれた法律「復讐法」 ジャッジメント・小林由香

日本で新しい法律が生まれました。それは「復讐法」です。 大切な人や家族が殺された時、被害を受けた者が、犯罪者から受けた被害内容と同じことを、被害者またはそれに準ずる者が、合法的に刑罰として執行できるのである。 書いていて恐くなります。そうこ…

プロの踊り子が魅せる生きざま 『裸の華』桜木紫乃

自分の命を削り必死になって取り組んできたものを、諦めないといけないが来るかもしれない。来てしまっている人も多くいるでしょう。 命を削ってはやや大袈裟な言い方かもしれないが、毎日毎日、人は年をとっていて死に向かって生きているわけだから、「命を…

読書の旅‐優しさの本 「世界幸福度ランキング上位13ヶ国を旅してわかったこと」マイケ・ファン・デン・ボーム

幸せってなんだだろう?どうすれば幸せになれるんだろう?このテーマは適切な答えをだすのが難しい。 僕が最近感じた“幸せ”は新車のバイクを買ったことです。仕事を頑張って独身の僕は自分へのご褒美へと買ったのです(笑) ですが、、買った後の行動を振り…

読書の旅‐考える本 「希望荘」宮部みゆき

ブックオフに行っていつも思うことが、宮部みゆきの名札の横にズラーーと並んだ本の冊数。どんなペースで執筆しているだこの超人・・・。 自分はなんとも緻密な緊張感のある作品『ソロモンの偽証』を読んだ時の衝撃がまだまだ抜けていません。 というわけで…

リトル・フォレストからみた「中身のある暮らし」と「実体験の強み」

一ヶ月以上ブログを放置してしまった・・・忘れていたわけではなく、記事を重ねるごとに嬉しいことにアクセスは伸びていました。 ですが、どこか自分の言葉で記事を書けていないような気がする。新刊の売れ線ばかりを自分は追っているではないか。と迷う。 …

【コラム】ヤング≒アダルトから考える。輝いていた自らの過去を断ち前に進む方法

ヤング≒アダルト [DVD] 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 発売日: 2013/02/08 メディア: DVD クリック: 2回 この商品を含むブログ (36件) を見る 仕事も恋愛もうまくいかない30代の女性が、妻子のいる元恋人と復縁しようと…

【読みたい新刊】君の名は。 新海誠

アニメ映画「君の名は。」 が8月26日に全国ロードショーされるにあたり、監督自ら書き下ろしたノベライズ本が先立って発売されます。 小説を通していち早く「君の名は。」を楽しみましょう! 小説 君の名は。 (角川文庫) 作者: 新海誠 出版社/メーカー: KAD…

「また、同じ夢をみていた」住野よる レビュー

2015年に本屋大賞ノミネート(この年の大賞は「鹿の王」)され、感動の嵐を呼んだ「君の膵臓をたべたい」の著者・住野よるが贈る長編小説「また、同じ夢を見ていた」のレビューを書いていきたいと思います。 また、同じ夢を見ていた 作者: 住野よる 出版社/…

【読みたい新刊】もういっかい彼女 松久敦

【読みたい新刊】シリーズは需要があるか?といつも疑問に思いつつメモ書きの変わりに書いているですが、これがまた意外に評判が良かったりするので紹介していきます。 もういっかい彼女 作者: 松久淳 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/05/25 メディア:…

2016年集英社「ナツイチ」発表。世界を変えてくれるあなたの一冊を探そう。【後編】

2016年集英社「ナツイチ」の本紹介【前編】に引き続き紹介していこうと思います。 前編で中条あやみのことをタイプだ!タイプだ!!と連呼したことについて、数日経った今では少し恥ずかしく感じています(笑) なお気になっている方はほぼ居ないと思います…

2016年集英社「ナツイチ」発表。世界を変えてくれるあなたの一冊を探そう。【前編】

集英社文庫の『ナツイチ』が発表されました! 今年のテーマは『世界をつくろう』86作品がラインナップされています。 8タイプにカテゴライズされているので、1タイプに1冊僕のおすすめを紹介していきたいと思います。 と、その前に今年のイメージキャラクタ…

【読みたい新刊】「震災風俗嬢」 小野一光

【読みたい新刊】は実際に買って読んだ本ではなく、文字通り僕が読みたい新刊で、これブログに書くような内容なのか?と自分自身疑問に思っています。 僕のメモ書きのようなものですが、お付き合いいただけると嬉しいです。 震災風俗嬢 作者: 小野一光 出版…

「君の膵臓をたべたい」 住野よる レビュー

君の膵臓をたべたい 作者: 住野よる 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2015/06/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (25件) を見る 人を認められる人間に 人に認められる人間に 人を愛せる人間に 人に愛される人間に 世界を愛し、人を愛し、自分を愛す…

「掟上今日子の婚姻届」西尾維新 レビュー

掟上今日子の婚姻届 作者: 西尾維新,VOFAN 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/05/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 病める時も 健やかなる時も 愛することを 忘れます。 あらすじ 忘却探偵・掟上今日子、「はじめ…

「掟上今日子の婚姻届」から考える。まだ見ぬ未来に備えるということ。

「掟上今日子の婚姻届」を読んでる最中なのですが、序章の「掟上今日子の講演会」で“まだ見ぬ未来に備える”面白い考え方があったので紹介しようと思います。 掟上今日子の婚姻届 作者: 西尾維新,VOFAN 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/05/17 メディア:…

アマゾンでブックカバーを購入!実感レビュー

あいかわらず無機質な包装で、届けてくれたアマゾン。 てっきりお馴染みの無駄にでかいダンボールで届くのかと思ったら、ペラペラだったんで『雑誌注文したっけなぁ?』と勘違いしました。(笑) [牛本革]ブックカバー ハードサイズ 本革 Business Leather…

【読みたい新刊】イノセント 著・島本理生 恋愛文学

イノセント 作者: 島本理生 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/04/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る イノセント 島本理生 つらい過去も、不毛な愛も、 傷つけた罪悪感も、全部おしまい。 最後に祈りは叶う。―――島本理生 oggiで紹…

Twitterで新人イラストレーターさんに絵をお願いしたお話し。

イラストレーターである“雨もようさん”に僕のブログ用イラスト書いていただきました! 絵が上手いことは言うまでもなく、世界観に文字では表現しきれないぐらい感動しています! ご本人様の許可を得てご紹介させていただきます。 「読書」作/雨もよう 雨もよ…

最年少芥川賞!「蹴りたい背中」綿矢りさ レビュー

蹴りたい背中 (河出文庫) 作者: 綿矢りさ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2007/04/05 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 127回 この商品を含むブログ (133件) を見る 愛しいよりも、 いじめたいよりも、 もっと乱暴なこの気持ち。 正直な感想・・・こ…

トラウマなど存在しない!アドラー心理学『嫌われる勇気』

2013年に販売され、今もなお増刷を繰り返している、自己啓発本のベストセラー『嫌われる勇気』について書いていこうと思います。 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/1…

【感想】壁を破る言葉 岡本太郎 

僕は昭和元年生まれで、恥ずかしながら、岡本太郎さんを知らなかった。 芸術家は、自分の命を削り全身全霊でアートに向き合っている。だからこそ人々の心に残る作品を世に残している。岡本氏の言葉は、熱く情熱を滾らせてくれるのだ。 岡本氏が、世界的に注…

「りぼんにお願い」 川上未映子 レビュー

僕は、川上未映子さんの小説が好きで小説からエッセイを全部持っています。 川上氏を始めて知ったのはやはり「すべては真夜中の恋人たち」だ。 タイトルから純文学の匂いがプンプンする、本書の最初の一頁 「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う…

今さらながら「涼宮ハルヒの憂鬱」

ふと、アマゾンで売っている本のランキングを覗いてみた。 そこには1位に躍り出ているのは、伝説6つ子あのおバカな「おそ松さん」。 昔って・・・「おそ松君」って言ってなかったけ?しかもなぜ今?と思って調べてみたら「赤塚不二夫の生誕80周年」の企画と…

画家・小松美羽 過去―現在―未来を知る

小松美羽 [ 小松美羽 ] 価格:3,240円(2016/5/25 01:30時点)感想(2件) 来ました!小松美羽さんの20代の作品をまとめた画集です! 今回は感動度が高いため、表紙を外した画像もあげておきます。ちょっと画像のサイズがデカすぎた・・・。 さて、本の内容ですが…

アラサー女子へおすすめ 「結婚したいあなたへ贈る」5選Books

婚活本は気になるけど抵抗が・・・なんて繊細な乙女心をもつアラサーへ! 「結婚する前に読みたい」本5冊集めました! のび太の結婚前夜・おばあちゃんの思い出(藤子・F・不二雄) 未来へ! 過去へ! 涙涙の二つの時間旅行 のび太との結婚に不安を抱くし…

「掟上今日子の退職願」から考える仕事を続けるということ

「掟上今日子の退職願」を読んで仕事に対する概念がとても面白かったので、書き留めて置こうと思う。 寝て起きると記憶が消えてしまう体質の忘却探偵。警察機関から折り紙つきの忘却にして最速の探偵『掟上今日子』 今日子さんにとっての仕事とは? 事件を共…

英国文学の最高傑作!「ジェーンエア」シャーロット・ブロンテ レビュー

ジェーンエア / シャーロット・ブロンテ 運命に妬まれた、魂で結ばれた愛。 強い意志と聡明さを兼ね備えたヒロインが過酷な運命に立ち向かい、 真実の愛を求めて自ら道を切り開いていく姿を力強い筆致で描き出す。 英国文学の最高傑作として名高い「ジェーン…

「掟上今日子の退職願」西尾維新 レビュー 

読む本の量が多いのであまり新品の本を買わないのですが、 久しぶりに新品を買ってみました。 それが、 掟上今日子の退職願 です。 はじめまして 掟上今日子です。 眠ると記憶を無くすので、 事件は今日中に 解決いたします。 紹介文の通り彼女の記憶は眠る…