読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五浦大介~僕が本に教えてもらったこと~

「あなたの本棚に+1冊」面白い本、元気になれる本。気ままに紹介していきます。 twitter/@ray_second

画家・小松美羽 過去―現在―未来を知る

小松美羽 [ 小松美羽 ]

価格:3,240円
(2016/5/25 01:30時点)
感想(2件)

来ました!小松美羽さんの20代の作品をまとめた画集です!

f:id:daisukegoura:20160525013815j:plain

今回は感動度が高いため、表紙を外した画像もあげておきます。ちょっと画像のサイズがデカすぎた・・・。

 

さて、本の内容ですが「美しすぎる銅版画家 小松美羽」の100点以上を越える画集となっております。画集といっても、ただ絵だけを延々と掲載している本ではなく小松氏の20代だけでなく、中学時代など幼少期を振り返るヒストリーも掲載されていて、絵に対するインスピレーションや、描かれているもののけへの思いが熱く書かれています。

f:id:daisukegoura:20160525014525j:plain

上の写真は、小松氏の原点でもある銅版を作成している姿。本当に美しい女性ですが、情熱大陸や画集を通して知った小松氏の姿は、キラキラしたカチューシャを着ける女性ではないです。彼女は美しいではなく可愛いです(笑)このカチューシャも整った眉も宣伝用だなぁと感じました。

小松氏はメディアで「美しすぎる銅版画家」というキャッチフレーズが先行したことに対して『作品が評価されている以前に、美人という形容詞が先行していることが悔しい』インタビューで答えています。

 

作品はどの作品も本当に鬼気迫るものがあり、作品から熱が伝わってきます。

中でも僕が好きなのは小松美羽さんが書く狛犬です。

f:id:daisukegoura:20160525020143p:plain

今回は当然ですが、新品で画集を購入しました。それは優れた芸術にはお金を出すべきだと考えているからです。

微力ではありますが、小松氏の絵の具代のたしにでもなってくれれば幸いです。

 

それにしても、、すごい画家が日本から出た!といった感想です。個展などで一度実物を目にしてみたい!お金が足りたら買いたい…立派な実物資産(笑)

世界で最も長い歴史を誇る美術品オークション「クリスティーズ」で絵が落札され、ますます世界へ羽ばたく“小松美羽”さんのご活躍に今後も期待しております。