五浦大介~僕が本に教えてもらったこと~

「あなたの本棚に+1冊」面白い本、元気になれる本。気ままに紹介していきます。 twitter/@ray_second

アマゾンでブックカバーを購入!実感レビュー

あいかわらず無機質な包装で、届けてくれたアマゾン。

てっきりお馴染みの無駄にでかいダンボールで届くのかと思ったら、ペラペラだったんで『雑誌注文したっけなぁ?』と勘違いしました。(笑)

 

 今回買った商品はこちら!メーカーの「Business Leather Factory」は特に知らずにの購入です。牛本革の製品となっております。

 

アマゾンのレビューでは15件中、★4つ

まず本製品のレビューの中で、★1がついている意見に、僕的買ってみた結果で答えていきます。

 

【レビュアー】革の臭いがキツくて、箱を開けたとたんに鼻につきました

 →革の臭いはしますが気になりません。僕は鞄と財布は牛本革を使っていますが気になりません。「臭い」というよりは、こちらの漢字の「匂い」です。

 

【レビュアー】ぶかぶかでサイズが合わない

 →確かにぶかぶかだけど、そっちの方が鞄に入れた時に、本に傷がつかないから僕的にはセーフです。でもサイズが合うない本はあります。下の方で紹介します。

 

以上の2点が本製品を買う時に、障害となった意見です。

僕が評価するのであれば★4つです。理由を画像つきで紹介していきます。

 

購入した僕が★4つの理由は?

f:id:daisukegoura:20160615041436p:plain

開封時の状態です。ポストカードが入っていて、バングラディシュの方が作っているようです。生産者の方のお顔が見えるのは、なんだかホッとします(笑)右側はブランドロゴですね。

f:id:daisukegoura:20160615041531p:plain

こちらは表と中面です。右側に栞を入れるポケットがあるのがありがたいです。

僕はキャメルブラウンを購入しました。光が入ってしまっていますので、実際はもう少し落ち着いた色合いです。

f:id:daisukegoura:20160615041545p:plain

縫い目は丁寧です。糸ほつれなどは一切ありません。

革の断裁面が焼かれていません。個人的には焼いある方が好きなので、気になったら焼いてみたいと思います。

f:id:daisukegoura:20160615041556p:plain

本をブックカバーにはめ込んだ状態です。

確かにぶかぶかかもしれませんが、僕がブックカバーを購入した理由は、鞄に中に入れた時に、本がボロボロになるのは防ぐためなので、目的を果たしてくれています。

f:id:daisukegoura:20160615041624p:plain

こちらは本製品の他に僕が使用している、塩ビ製のブックカバーです。こちらはぶかぶかではなくジャストフィットします。ぶかぶかが嫌いという方は、こちらのようなジャストフィット派なのだと思います。

f:id:daisukegoura:20160615041616p:plain

かの有名な大大大ベストセラー「LEAN IN」手にとった方も多いと思います。こちらの本って表紙がかなり分厚い厚紙のような?ダンボールような?(うまく説明できなくてすみません)がっしりとした本です。こういった本は入りませんので、入れたいと思っている方は注意してください。

 

僕が★4つの理由は本の入れにくさです!上の右側を数センチ切っておいてくれれば、本の表紙を結構曲げずに入るのですが、こちらの製品切れ目なくきっちりと縫ってあるので“おぃおぃ…折り目つきそうやんけ”ってくらい曲げないといけないのが、凄いっストレスッッ!(笑)

 

まとめ

価額は2,000円です。ブックカバーは本来高いものです。

 

 ブランドasobozeの「TOLVE」こちらは定価9,800円。ブランドですのでやや高いですが妥当な値段です。

きっとかなり手にフィットする作りになっているんだろうなぁ欲しい(笑)

 

僕が購入した「Business Leather Factory」のブックカバー、間違いなく本革で手触りもやわらかく持ちやすいです。縫い目も丁寧ですので早々と壊れることはまずありません。

この品質で2,000円は確かに凄い!

正直なところ、安かろう悪かろうと思って買いましたが、後悔ありませんでした!

長く長く大切にし、革に僕の生活の皺を一緒にきざんでいきたいと思います。

 

かしこ。