読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五浦大介~僕が本に教えてもらったこと~

「あなたの本棚に+1冊」面白い本、元気になれる本。気ままに紹介していきます。 twitter/@ray_second

【コラム】ヤング≒アダルトから考える。輝いていた自らの過去を断ち前に進む方法

自分探しの本

 

ヤング≒アダルト [DVD]

ヤング≒アダルト [DVD]

 

仕事も恋愛もうまくいかない30代の女性が、妻子のいる元恋人と復縁しようと大騒動を繰り広げる人間ドラマ。

このあらすじをみて映画を見てみようと思った。先日、住野よるの「また、同じ夢をみていた」を読んでテーマが“幸せとは?”だったのも起因しています。しかも主演がオスカー女優シャーリーズ・セロンだしね。

 

主人公メイビスは学生時代スクールカーストの頂点にいた。チアクラブ・弁論クラブ、アメリカの典型的リア充。メイビスの人生の中で最も輝いていた時代だった。

30代となったメイビスの職業は作家。代表作はあるが彼女の名前は表紙には載らなかった、彼女はゴーストライターだったからだ。

f:id:daisukegoura:20160726024423j:plain―――画像「GooglePlay」出典

『自分の人生の中で最も輝いている時代はいつでしたか?』と質問されたら『今です!』と胸を張って満面の笑みを浮かべて最近芸名を「のん」に変えた能年玲奈さんのように答えたいが、なかなか人生そう上手くはいかない。

迷走している時ほど、みずからの過去の栄光にしがみついてしまうからだ。

 

僕の栄光といえば新入社員のころだったと思う。足が棒になるんて表現があるがこれをマジで体感した。疲れ果てて膝が棒のようになって曲がらなくなるし、とにかく睡眠時間も少ない、出社の車内では信号が赤になったら速攻でPにいれサイドブレーキをかけ数分でも寝る、後続車のクラクションで起こされたことなんて何度あるかわからない。

必死に働いて2年目で4社から引き抜きの話ももらえた。

現在は色々な訳あってフリーでやっているので、そこまでハードな日々を過ごしていないが、ワーカホリック気味の僕としては社会に駆け出しの頃が“我武者羅で過去の栄光”といえる。

f:id:daisukegoura:20160726025048j:plain―――画像「cine blo」出典

ヤング≒アダルトのメイビスは多くの30代にシンクロすると思う。

彼女は自分でも気ずかぬうちに、都会で一人孤独で理性を失っていた。あるきっかけで生まれ故郷である田舎に帰り旧友に会うがみな彼女をみて「可哀想」だと感じていた。それは昔の彼女が、きらびやかなドレスと赤いハイヒールが似合うスクールカーストの頂点にいたからだ。

美人でみなの憧れであるメイビスの居場所はやはり田舎ではない。彼女は頭の中にある学生時代のロッカーを空っぽにして、列車にキスをし都会に戻っていく。

なるべき自分になるために。

 f:id:daisukegoura:20160726025410j:plain―――画像「tomonori's.blog」出典

面白くて2時間があっという間でした!これはホントにおすすめできる映画。

どこに全力で走ればいいかわからくなった時見返したい作品です。