読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五浦大介~僕が本に教えてもらったこと~

「あなたの本棚に+1冊」面白い本、元気になれる本。気ままに紹介していきます。 twitter/@ray_second

リトル・フォレストからみた「中身のある暮らし」と「実体験の強み」

自分探しの本

 一ヶ月以上ブログを放置してしまった・・・忘れていたわけではなく、記事を重ねるごとに嬉しいことにアクセスは伸びていました。

ですが、どこか自分の言葉で記事を書けていないような気がする。新刊の売れ線ばかりを自分は追っているではないか。と迷う。

これではいけない!ってか何がイケナイのかもよくわからない!と葛藤。

 

そんな時この「リトルフォレスト」という漫画が原作になっている、橋本愛主演の映画に出逢い「迷い・葛藤」から脱出する少しの糸口が見えたような気がしました。

リトル・フォレスト(1) (ワイドKC アフタヌーン)

リトル・フォレスト(1) (ワイドKC アフタヌーン)

 

 

リトル・フォレスト 夏・秋 [DVD]

リトル・フォレスト 夏・秋 [DVD]

 

 大自然のさまざまな恵み

時にみせる厳しさが

彼女の一歩踏み出す勇気を蓄えていく

自然の恵みと厳しさ

人里離れた小さな村で自給自足に近い生活をする小森。この映画を始めてみた時ドキュメンタリーなような印象を受けた。

村の森からとれた山菜や、自分で育てた野菜を美味しそうに調理しレシピを語るからだ。

 

僕も自然が好きで、毎週のように海に行っているから、多くの共感を得られた。

必要最低限の食料を沢や木の実から摘み取り動物達と共存する。自然に反することなく人間の蓄えた知恵から自ら最適な環境を整え生活する。一見するとメディアがたまに紹介している優雅な憧れの“スローライフ”のようだが、現実は物に溢れる街に暮らしていたほうが、よっぽどが楽で優雅であろう。

f:id:daisukegoura:20160917021254j:plain

実体験から得た経験の強み

彼らはタフだ。自然の脅威を物語りからではなく、実体験から知っているし自らが生きるすべを熟知している。僕はこのような人たちを「中身がある・芯のある人たち」だと尊敬しています。

 

インターネットがあれば様々な「知」に出会うことができる。身近なところで言えば料理のレシピ。世界屈指の頭脳を持つ人たちのスピーチならTEDで聞ける。

TEDのスピーチは本当にタメになるが、あれほどまでレベルが高いと僕では聞いたことの10%ぐらいしか(もっと低いよね。。)活かせていないような気がします。

もっと確実に活かせるようにするためには、TEDで発表できるぐらいの人間になる!といった具合ですがこれは力量全く及ばずなので余裕で諦める。

f:id:daisukegoura:20160917021322j:plain

まとめ

今回の記事やリトルフォレストを通して、マイスタイルを確立させたいなと強く思いまいした。

要はそれを自分のストロングスタイルにして、僕も中身のあるおっさんになって語りまくりたいわけです(笑)

 

以上となりますが(最後まで読んでくれた方は居るのでしょうか・・・)やっぱりが迷いがぬぐいきれていませんね。着地点が雑(笑)

日々精進ですね!努力蓄えます!そして仕事で結果だす!

f:id:daisukegoura:20160917021832j:plain

画像出典---「映画.com」