読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五浦大介~僕が本に教えてもらったこと~

「あなたの本棚に+1冊」面白い本、元気になれる本。気ままに紹介していきます。 twitter/@ray_second

読書の旅‐考える本 「希望荘」宮部みゆき

ブックオフに行っていつも思うことが、宮部みゆきの名札の横にズラーーと並んだ本の冊数。どんなペースで執筆しているだこの超人・・・。

自分はなんとも緻密な緊張感のある作品『ソロモンの偽証』を読んだ時の衝撃がまだまだ抜けていません。

というわけで、今日は宮部みゆきの新刊『希望荘』の紹介です!

希望荘

希望荘

 

その部屋には、

絶望が

住んでいた‐‐‐。

話題沸騰!ベストセラー第1位!

家族と仕事を失い、私立探偵となった杉村三郎が4つの難事件に挑む。

一人ぼっちになった杉村に「明日」はやって来るのか!?

本作『希望荘』は4つの事件からなる短編集となっております

 

宮部みゆきの現代ミステリー。『誰か』『名もなき毒』そしてドラマ化にされた『ペテロの葬列』に続くファン待望の杉村三郎シリーズ最新刊です。

希望荘 [ 宮部みゆき ]

価格:1,890円
(2016/9/19 04:07時点)

楽天ブックスでの購入はこちら

宮部みゆき関連作品

模倣犯1 (新潮文庫)

模倣犯1 (新潮文庫)

 

模倣犯(1) [ 宮部みゆき ]

価格:853円
(2016/9/19 04:36時点)

楽天ブックスでの購入はこちら

ソロモンの偽証(〔5〕(第3部)) [ 宮部みゆき ]

価格:853円
(2016/9/19 04:33時点)

楽天ブックスでの購入はこちら

蒲生邸事件 (文春文庫)

蒲生邸事件 (文春文庫)

 

蒲生邸事件 [ 宮部みゆき ]

価格:993円
(2016/9/19 04:41時点)

楽天ブックスでの購入はこちら